インプラント入門講座

college_sytem31_new
インプラント入門講座
最新の治療法「人工歯根」を学ぶ

他の専門学校生よりも早く、インプラントの技工物製作技術を身につける



college_sytem32_newインプラント(implant)とは、英語で”植え込む”という意味。歯が抜けた所にチタンでできた人工の歯根を埋め込み、その上に歯冠を作る最新の歯科治療技術です。

見た目や使用感が元の歯と似ている点や入れ歯よりも周りの歯に負担が少ないことから、高齢者だけでなくスポーツなどで歯が折れてしまった若年層からも需要が高まっています。
インプラントの技術はほとんどの専門学校で教育プログラムが無く、現場で身につけている現状があります。
本校ではこの技術を早くから取り入れ、学生の段階からインプラントの技工物製作技術を教育しています。
line1
近年、需要が拡大
見た目と使用感の両方を改善したい
college_sytem33_new費用のかかる治療法であるにもかかわらず、近年需要が高まっている理由には、何より本物の歯に見た目や使用感が似ており、その両方の改善を希望する方が増えたことにあります。

line1
欠かせない専門技術

ほとんどの学校が教育していない!?
college_sytem34_new需要に応えるためにも、これから欠かせない技術ですが、専門学校で教えている学校はほとんどありません。
本校ではこの先端技術をしっかり身につけることができます。


line1
プロから学ぶ高い技術
ノウハウとミクロン単位の精密さ

college_sytem35_new本物と変わらない歯を作るためには、現場で培ったノウハウとミクロン単位の精密さが要求されます。このレベルの高い技術やノウハウを、業界で活躍するプロの先生から学べます。

line1
学生うちから最新技術を学ぶ
業界でも有名な先生を招いて特別授業
college_sytem36_new1.インプラントの歴史
2.インプラントの基礎知識
3.インプラントの種類、目的
4.臨床ケースによるインプラント技工の紹介 etc
line1

インプラントとは
インプラントの仕組みは、歯を失った部分の顎骨へ穴を開け、フィクスチャーと呼ばれるチタン※でできた金属製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を作るしくみです。顎の骨にしっかりと人工歯根を固定する事により、浮かない・ずれない・しっかりとした噛み心地を実現する事が出来る治療法。
※チタンはブローネンマルク博士によって骨とオッセオインテグレーテッド(骨と結合する性質)することが発見され、今では歯科の分野でも注目を浴びている生体親和性のよい素材です。

line1
college_sytem37_new講師 杉井 伸行 先生

1971年 田中歯科医院勤務
1975年 
(有)アポロデンタルラボ開設

●独Duceram社インストラクター

●スイスCM社インストラクター
●ITIインプラント上部構造認定講師

ページ上部へ戻る